断食っちゅーのをしてみたですよ

とりあえず流行りは乗ってみるw

体の80%は水。

中医学ではこれをざっくり「水の流れ」と申しまして、大変大変重要視しております。

西洋医じゃなんのこっちゃって話でしょうけど。

地球の水を支配しているのは、月なんですね。

潮の満ち引きは月の満ち欠けって誰でも知ってる話ですが、それは海だけではなく、80%が水を占める私たちの体にも大いに関係しておるのです。

だから、月の状態で体調が変わるのは極めて理論的な話でして、特に新月は消化能力が落ちます。

そこで、消化能力の落ちる新月に断食をするのがイスラム教のラマダン、断食をして新しい自分に生まれ変わりましょうって教えですね。違ったら教えてイスラム教の人〜✋

というわけで、何日か前の新月に、決行してみましたよ断食の巻。

なんか、全然楽勝〜。

別に腹もすかないし、アタシったら余裕じゃん。

キツイのは、さすがにお腹が空く夕方に、子供の食事を作ることw

味見もできんぞ〜。(水を飲むのはオッケー)

匂いってめっちゃ腹が空くのね!

香りの体に対する影響ってここまで直結しているのね〜。

とか。

夜中も全然お腹空かなくて、朝も平気で、さておかゆから始めんべ〜と、思ったら!

めっちゃフラフラする!

目が回ってずっと立ちくらみ状態!

とりあえず梅干しおかゆから始めたけど、体が、そんなもんじゃねえええっと叫んでる!

焼き芋食べたらこれがとても美味しい!

干しぶどうも、これもとても美味しい!

要するに、甘いものを欲している。

脾か!脾臓にきたのか!!つまり血が足りなくなったのか〜!

この状態が落ち着くまで半日かかりましたわ。

空腹的には負けてなかったのに、結果が負け感炸裂ですんごい残念⬇️

先にあげた投稿で、実の人と虚の人がいる、と書きましたが、私も実は元は虚でして。

実と虚が混ざった混合型。

足りない虚は定期的に補っております。

燃費の悪い高燃焼型エンジンです。

食べたらすぐ燃やす、的な。

備蓄がない上に素は虚だから、断食なんてした日にゃ、全身から即、血がなくなってしまうのです〜。

血に変換できる筋肉もないしねw←歩いて3分のスーパーに車で行くw

人は、自分が体験したことしか伝えられない。

断食して良かったと喧伝する人は、「実」、色々有り余ってて流れが詰まってる人で、こういう人は定期的に食べないことで体の調子を取り戻せる。

だけど、そうでない人、例えば究極の虚であるALS (筋萎縮性側索硬化症)みたいな人が断食したら、そのまま動けなくなっちゃうでしょうね。

虚の人がやみくもに断食なんかしたらどうなるか、体で教わりましたことよ(´Д` )

なるほど、だから中医学では断食は勧めていないのね。

食べないで改善、も人によってはアリだけど、やっぱり対症療法に過ぎない。

ちゃんと水の流れ血の流れを定期的に整え、体を温め余計な熱は取り、各臓器の能力をあげること。

時間はかかるけど、根本治療にはこれしかないんだと思います。

断食の習慣は、暑い国の、割と食べ物が豊富なところに多い。

たまには胃腸を休めて体をリセットしましょうという。

そういえば日本に断食の習慣ってないわー。

即身仏くらいかしら。

今回私がすごく甘さが欲しくなったのは、脾の働きと大いに関係があります。

ここで自然の甘さであれば脾の働きを補いますが、人工的甘みだと逆効果になる。

いや実はちょっと今回、誘惑に負けて人工的甘みも摂ってしまいましてw、あっという間に口内炎こんにちは(´Д` )

味と臓器は密接に関係してます。

味というのは極めて主観的なものでして、あなたの感じる甘さと私の感じる甘さが同じとは限らない。

欲する臓器に必要な味は、とても美味しく感じます。

漢方もね、苦い漢方が美味しく感じる時は、それがドはまりしている体状態である、ということ。

味覚と臓器については、また書こうと思いまーす!

(Visited 54 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA